包茎に悩んでいるなら専門のクリニックで治療しよう

メンズ

まずはプロに相談してみる

下半身の悩みを持っている人がいれば、まずは専門のクリニックで相談することが大切です。誰にも相談せずに放置していても、何も解決しないでしょう。まずは、勇気を持って相談することから初めてみるのが一番です。プロの医師が悩みを解消する為の方法を紹介してくれます。包茎の人であれば、包茎手術などを提案してくれるはずです。

良いクリニックを利用する

評判の高い専門のクリニックを利用するのが、包茎やEDなどの下半身の悩みを解消するための基本です。しっかりとクリニックについての下調べを行っておきましょう。きちんと調べておけば、クリニック選びで失敗することもなくなります。包茎もすぐに治療してもらえるでしょう。満足のできる手術が受けられるのです。クリニック選びは重要なポイントとなります。

症状に合わせた治療

包茎と一口に言っても、その症状の種類は様々です。その為、包茎の種類に合わせて適切な治療を選ばなければなりません。間違った方法で治療してしまうと、逆に症状は悪化してしまうでしょう。このような失敗を防ぐためにも、医師と納得できるまで相談をする必用があるのです。また、包茎の種類についての知識を持っておけば役立つでしょう。

包茎の種類一覧

埋没包茎

包茎の中でも肥満の人に多いのが、埋没包茎です。下腹部にペニスが潜り込んでしまっている状態のことです。包皮が短く、皮下脂肪が多いとこのような状態になるでしょう。基本的に、まずは肥満体型を解消することから始めましょう。肥満が解消すると、症状も改善されることがあるからです。

嵌頓包茎

普段は包皮を被っている状態のことを、カントン包茎と呼びます。また、場合によっては包皮を剥くこともできますが、危険を伴うことがあるでしょう。カントン包茎は包皮の先端が狭くなっていることがほとんどで、無理に剥くと亀頭を締め付けてしまうからです。元の状態に戻らなくなり、亀頭がうっ血してしまうこともあります。

真性包茎

亀頭を完全に包皮が覆っている状態を、真性包茎と言います。その為、包皮を剥くことができないでしょう。すぐに包茎手術をするべきだと言えます。完全に包皮に覆われているので、亀頭の衛生環境は著しく悪くなってしまいます。また、カントン包茎に発展することもあるので気をつけましょう。

仮性包茎

包茎の中でも最も多い種類が、仮性包茎です。基本的に状態によって、軽度か重度に分かれるでしょう。勃起すれば簡単に亀頭が露出するのであれば、軽度の仮性包茎とされます。放置していても特に健康上の問題はないでしょう。しかし勃起しても包皮が剥けない重度の仮性包茎であれば、手術が必用となるのです。

包茎の人

一般的に包茎にコンプレックスを持っている人は多いでしょう。しかし、実は日本人の6割から7割程は軽度の仮性包茎だと言われています。包茎はそれほど珍しいことではないのです。その為、専門のクリニックへ相談に訪れる人は、年々増えてきています。

自己判断は禁物

包茎に関しては、自己判断で放置するのは危険と言えるでしょう。専門の医師に診察してもらうのがベストです。自分がどのような種類の包茎なのかをしっかりと理解し、医師と相談することでベストな選択が導き出せるようになります。自分で包茎について判断せず、プロの意見を参考にしましょう。

広告募集中